Subscribe to our newsletter:

海の唄がきこえる 新月の夜

Free
iPhone / iPad
Genres:
  • Games
  • Adventure
I want this app
Download from AppStore

ストーリー
千崎海斗(せんざきかいと)は、その喉に“千寿桜(せんじゅおう)”と呼ばれるアザを持って生れた。
千崎家では、そのアザは忌まわしい呪いの印とささやかれ、恐れられている。
喉のアザが疼くとき、海斗は空気中に不思議な光を見た。
海斗は山奥で育ち、17歳のときに千崎家の本宅に戻って来た。
千崎家は町の名士として強大な力を持ち、広い邸宅ではメイド達が海斗の帰宅を待っていた。
ある夜、海斗のために歓迎の夕食会が開かれる。
その準備でにぎわう屋敷の中を海斗は散策する。
そして、亡くなった父の書斎に迷い込んだ。海斗はそこで信じがたい父の秘密を知る。
不気味な魔が背後に忍び寄るような恐怖を感じた。
その夜、海斗は夢を見る。その夢の中で人がミイラになって海に浮かんでいた。
海斗が目を覚ますと、ベッドの周りに夢の中で見た海の生き物が散らばっていた。
海斗は恐怖に震える。疑心暗鬼になり、誰も信じられなくなっていった・・・。
学校だけが唯一の心安らげる場所だった。海斗は成り行きから美羽のボディガードを引き受けた。
美羽と同じ時間を過ごす中で、海斗は美羽の深い孤独を知る。
海斗は美羽のことをもっと知りたいと思った。
巷ではミイラ殺人事件が頻発する。海斗の中でもう一つ新たな疑念が湧きおこっていた。
ミイラ殺人事件に自分が関わっているかもしれないという不安だった。
海斗はそのことを誰にも話すことができず、思いまどう日々が続いた。
そんなある日の学校の帰り道だった。薄暗い夜道、誰かが海斗の背後に近付いて来た・・・。

Story
The hero of this story is Kaito Senzaki.
He was born with a small birthmark in the throat.
The name of the birthmark is “Senjyuou”.
His relatives fear the birthmark as a sign of the curse.
When the sign of his throat hurts, he saw mysterious light in air.
Kaito grew up in a deep recesses of a mountain.
And,he came back to the home of the Senzaki family at the age of 17.
The Senzaki family is lineage with an old tradition and big power.
Housemaids were waiting for his coming home in a wide residence.
The dinner of the welcome is opened for Kaito.
He explores in the crowded residence.and, He finds his father's study.
He discovers father's unbelievable secret.
He feels fear that steals up behind eerie demons.
He has a nightmare to the terrifying dream every night,
and becomes unbelievable everyone.
A safe place for Kaito is only a school.
Kaito spends time with Miu at the school.
He notices that Miu is solitary.
He wants to know Miu more.
The mummy murder happens in the town.
Kaito suspects oneself. He sees the mummy murder in the dream.
He is frightened・・・・・