Subscribe to our newsletter:

驚異の的中率!【卑弥呼の古代占術】

Free
iPhone / iPad
Genres:
  • Lifestyle
  • Entertainment
I want this app
Download from AppStore

約1700年の時を経て、迷える時代に生きるあなたのために、いま卑弥呼が蘇る!!!
【怖いくらいに当たる!!!】古代占術で、あなたの悩みに卑弥呼がお答え致します。

■卑弥呼の古代占術とは?
古代、邪馬台国を治めていた女王「卑弥呼」 今もなおその名前を知っている人も多いでしょう。
それだけ絶大な権力を誇った女王「卑弥呼」・・
諸説ありますが、占いを用いて政治を進めていたという話は有名です。
国の重要な問題を決定するときに占い用い、その結果を「神の言葉」として、それに従ったのです。

■どんな占術だったのか?
「太占(ふとまに)」という占術が用いられました。亀の甲羅や牛や鹿の
肩胛骨が主な道具を使い、そのヒビの形で占うという手法がとられました。
これらは中国の殷(いん)の時代に生まれ、5世紀から7世紀の間の
大和時代にかけて、中国から太占を含め、様々なな占いが伝えられたと言われています。

■占術は今・・
日本国内では、残念ながら太占の文化が発展を遂げた形跡はありませんが、
古代中国では、今に至るまであらゆる歴史の中で発展してきました。
それは、太占から、亀卜(きぼく)へと発展し、それが筮(ぜい)としった占術に発展し
そして現在では、易学という1つの哲学とも言える占術へ進化していきました。

当アプリは、この中国易学を活用して、古代卑弥呼が占ったであろう占術を再現した占いです。驚異の的中率を誇った卑弥呼の古代占術をどうぞあなた自身でご体験ください。


※卑弥呼とは
生没年不詳
3世紀前半ごろ、北部九州または近畿(大和)にあった邪馬台国の女王。
名の卑弥呼は当時の日本語を中国語音で表記したもので、
個人名でなく、ヒメコ(日女子)、ヒノミコ(日の御子)、ヒメミコ(日女御子)など
太陽の霊威を身に付けた女性を意味する首長の地位または称号。
『日本書紀』などにみえる天照大神、神功皇后、倭姫命、倭迹迹日百襲姫といった
神話・伝説上の実在しない人物に当てる説があるが根拠はない。
『魏志』倭人伝、『後漢書』倭伝などによると、180年前後から倭国に争乱が続いた末、
諸国の首長たちが共に立てて女王としたのが卑弥呼である。

出典元:朝日日本歴史人物事典