Subscribe to our newsletter:

もっと自分中心でうまくいく

$2.99
iPhone / iPad
Genres:
  • Business
  • Book
I want this app
Download from AppStore

あれ!? 自分の考えっておかしいのかな!?
⇒ そんなことはありませんよ! 周りがまだ追いついていないだけです!
◆ 「意識の法則」が人生の流れを変える!

◆ いいことがいっぱい起こる「自分中心」の心理学!

◆シンプルに自分を愛するだけでいい!
 ⇒ 自分を愛し

 ⇒ 自分を解放し

 ⇒ 自分が楽になればなるほど、「愛」も「能力」も「成功」も手にはいるのです。


【「自分中心心理学」は「もっと楽に生きたい」と思っている人のための心理学です】
 ⇒ 人を気にして言いたいことも言えない。

 ⇒ 人と自分を比較してしまう。

 ⇒ 人と違っているのが怖い。

 ⇒ 人に負けたくない。


◆「自分中心」になればこのように人生が変わる

●生きやすくなる  ⇒ ■■■

●意志が強くなる  ⇒ ■■■

●才能が伸びる   ⇒ ■■■

●お金持ちになれる ⇒ ■■■


こんな「負の意識」を抱えている「他者中心」の人は、みずから「つらい人生」をつくっているのです。
人生が楽になる方法はいたってシンプル。

「自分中心」に生きること。

「自分中心」といっても「自己中心」とは違います。嬉しい、楽しい、感動した、寂しい、悲しい......
これら「小さな感情」を実感し、その心地よい感情を優先すること。

それが「自分を愛する」ことであり、「自分中心」に生きることにつながるのです。

いいことがいっぱい起こる新しい生き方を伝授する1冊です。

iPhone特別価格 期間限定  書籍定価1,365円


■目次

・プロローグ 「自分中心」に生きることが「自分を愛する」ことにつながる
・どれだけ自分を信じられるか
・「意志」と「頑固」の違い
・心が軽くなれば意志が強くなる
・自分を愛すれば愛するほどうまくいく

●Chapter1 「自分中心」の人生と「他者中心」の人生
・現代は「他者中心」の時代
・「こだわっていること」が自分の特意分野
・自分がそうなるには意味がある
・人は「愛の取りこぼし」を埋めようとする
・修行しても煩悩は増える
・「理想の自分」を目指しても問題は解決しない
・自分が恐れているものは何か
・「他者中心」と「自分中心」の違いは「きびしさ」
・もっと自分のために生きよう

●Chapter2 自分を愛するだけですべてうまくいく
・「自分中心」と「他者中心」の決定的な違い
・不幸の実感になじんでいないか
・「他者中心」の人は間違った決断をしている
・人は話の内容より「感情」のほうに反応する
・誰よりも自分を愛することを優先させよう
・ユング派のいう超感覚的知覚
・超感覚はすべての人に備わっている能力だ
・「相手を感じる」だけでいい

●Chapter3 「自分中心」で“脳”力が全開する
・「自分中心」になるほど他人が気にならなくなる
・自律神経と支配関係のメカニズム
・自分を解放するプロセスが「自分中心」へのプロセスだ
・自分中心は、他者中心の「六倍の能力」を発揮する
・「人間脳」タイプの典型的な支配パターン
・「感情脳」タイプの典型的な支配パターン
・「脳幹」タイプの典型的な支配パターン
・集中力をマイナスに使ってはいないか
・プロセスを大事にすると能力があがる

●Chapter4 「自分中心」に生きる人ほど苦もなく成功する
・どっちを選んでも結果は変わらない
・無意識の自分が「信念」通りの結果に仕立てていく
・意識の世界はマッチポンプ
・主体はあくまでも現実に生きること
・「明確な意志」をもったほうが解決は早い
・矛盾した思いも叶う
・正直者は得をする
・自分で自分を罰する

●Chapter5 自分を最優先すれば才能が伸びる
・日本人のうつ病とアメリカ人の恐怖症
・「第一の感情」が自分を愛し、「第二の感情」が自分を傷つける
・自分を愛するために泣き、笑う
・緊張を弛緩に変えるだけで人生の流れが変わる
・話し合えない人、話が通じない人
・自分の「小さな感情」に気づく
・自分の感情に鈍感でいるとトラブルが大きくなる
・「プラスの小さな感情」が自分を磨く
・自分を優先し、自分を解放する

●Chapter6 うまくいく人生パターンをつくる
・「相手が悪い」と思うのは思考のクセ
・誰もが感情で交流している
・楽にうまくいく人生パターンを築く
・問題解決しては困る人たちがいる
・自分の意志が流れを変える
・「明確な意志」の威力
・責任から逃げたがる人たち
・「第一の感情」は愛のエネルギーである
・「黙っていればよかった」と後悔するのは間違っている

●Chapter7 「自分中心」にシンプルになるほど楽に願いが叶う
・意識が“共時性”をつくる
・“意識”が望みを実現させるひな型となる
・姿勢だけで未来が決まる?
・口グセだけで不幸になる 
・用心棒の失敗パターン
・もっとも肝心な点をあいまいにする脳幹タイプ
・「小さな感情」を優先すれば仕事も愛も成功も手に入る
・我々が発展途上である理由
・エピローグ シンプルに、自分を愛するだけでいい

◆著者 石原加受子

iPhone iPad『もっと自分中心でうまくいく』電子書籍アプリ
著者 石原加受子 出版社 こう書房