Subscribe to our newsletter:

少女病 iPad

$3.99
iPad
Genres:
  • Entertainment
  • Book
I want this app
Download from AppStore

100年から今も存在する、男特有の病い、“少女病”。
イメージガールには、現在テレビや映画、雑誌など、様々なメディアで活躍が目覚ましい「高田里穂」さんを起用。30枚以上のイメージ画像とともに、100年前の小説が現代風に蘇りました。

毎日通勤電車に揺られながら、男が見る妄想。
少女たちに向ける憧れの視線。
美少女を見ると空想がやめられなくなるのは、昔も今も変わらない。
男なら誰もが思わず共感してしまうことだろう。
「少女病」にかかってしまったこの物語の主人公を待っている、結末とは……。

100年前の小説だと感じさせない内容は、今も色あせることなく、素直に読める

■目次

●一 山手線の朝の七時二十分の上り汽車が
●二 この娘は自分を忘れはすまい
●三 この男はどこから来るかと言うと
●四 電車は代々木を出た。
●五 この男の勤めている雑誌社は

解説  少女病
写真集
書籍定価 1,260円

■著者・田山花袋(たやま・かたい)
1871年(明治4年)、栃木県邑楽郡館林町(のち群馬県館林市)に生まれる。1891年、尾崎紅葉を訪ね、小説家を志す。同年10月、小説「瓜畑」をはじめて発表。その後、西欧文学に影響を受けながら新しい文学に開眼し、1907年、「蒲団」を発表。自然主義文学の確立者として文学界に大きな足跡を残す。代表作に「生」「妻」「縁」の三部作や「田舎教師」など。1930年(昭和5年)、没。

■写真・藤牧徹也(ふじまき・てつや)
1970年(昭和45年)、京都に生まれる。京都精華大学デザイン科を卒業。在学中より写真家・柴田秋介氏に師事。独立後は書籍や雑誌のほか、WEB媒体やCM、PVのスチール撮影、CD、DVDジャケットの撮影など、活躍の場は多岐にわたる。第30回日本写真家協会(JPS)展入賞(優秀賞)。著書に「本棚三昧」(小社刊)がある。

■出演・高田里穂(たかだ・りほ)
1994年(平成6年)、福岡県に生まれる。現在テレビ朝日系列で放送中の「仮面ライダーオーズ/OOO」でヒロインを演じている。また、現在公開中の映画「マリア様がみてる」にも出演中の、注目の女優。

*本書は、青山出版社『少女病』(2008年11月発行)のiPhoneアプリ版です。

*本文は、角川文庫「浦団・一兵卒」(角川書店、1969年)収録の「少女病」を底本にしています。

青山出版社 「少女病」サイト
http://www.aoyamapb.com/syoujyo-byou/index.html

青山出版社の、Twitterアカウント
@Aoyamapb

★☆★ 青山出版社 他の電子書籍 ★☆★
・裏切りの流儀(高田純次 × 茂木健一郎 異色の対談)
・純次のことわざブック (高田純次流ことわざ)
・「アイデア」が生まれる人脈。(ジョブスと出会いがアップルができた)
・恋カツ! 恋が成就する60Lesson