Subscribe to our newsletter:

康煕字典 安永本

$39.99
iPad
Genres:
  • Reference
  • Book
I want this app
Download from AppStore

○日本の漢字の活字字体の典拠とされている漢字字典『康煕字典』(こうきじてん)の「安永本」(あんえいぼん)を全ページ収録しています。
○康煕字典の全収録文字をパソコン用の文字(GT書体フォント)で書き起こした「収録文字一覧」と「目次・部首一覧」が付属しています。
○これらの一覧、および巻ごとの目次からのページジャンプ機能が充実しています。

【内容紹介】
『康煕字典』は中国で作られた漢字の字書です。中国の「清」の時代に、四代皇帝康煕帝(1654生~1722没、1661年即位)の命により、張玉書、陳廷敬ら30人が約5年を掛けて編纂し、康煕55年(1716年)に完成しました。

康煕字典は、明治以来の漢字の活字字体の典拠であるという意味で、国語学的には極めて重要なものとされています。現在でも、日本の漢字のうちで常用漢字表に含まれないものは、基本的には康煕字典の字体を拠り所とするように、2000年12月の国語審議会などで答申されています。
また、現在普及している多くの漢和辞典の部首分けや配列は、康煕字典の方式に基づいています。

康煕字典はそれ以前の『説文解字』(漢代)、『玉篇』(梁代)、『唐韻』(唐代)、『広韻』(宋代)、『集韻』(宋代)、『古今韻会挙要』(元代)、『洪武正韻』(明代)、『字彙』(明代)、『正字通』(明代)など、歴代の字書の集大成と言えるものです。
オリジナルは木版によって印刷されており、全40巻から構成されています。親字として47,035字を収録し、漢字を214の部首に分け、画数順に配列する方式を採っています。

「安永本」は江戸期日本で翻刻されたもので、初版は中国の康煕字典発刊の64年後、安永9年(1780年)に刊行されました。
日本の康熙字典考証の先駆けである都賀庭鐘の「字典琢屑」の一巻が追加され、全41巻で構成されています。
日本人が読みやすいように、親字に読み方がカタカナで補われ、訓点と送り仮名を振った木版を新たに起こしてあるので、専門的な知識が無くても比較的読みやすいのが特長です。

【収録内容】
・『康煕字典』解説
・目次・部首一覧
・安永本 収録文字一覧
・康煕字典 本文
(全3811ページ)

【ご案内】
・本書は、約300年前に作成された中国語による字典です。現代日本語による解説(4ページ)が含まれています。
・本アプリの容量は、600Mバイト近くになります。App Storeからのダウンロードには時間がかかりますのでご留意ください。